そよ風のおもむくままに

soyokazego.exblog.jp
ブログトップ
2013年 02月 04日

EPSON R-D1

Nikon F3に続きもう1台修理に出しました。

父親はこんなマニアックなカメラを使っていたようです★

EPSON R-D1

画素数は今では少々時代遅れの610万画素
CCDはAPS-Cサイズで焦点距離は1.5倍になります。

世界初デジタルレンジファインダーカメラ
1枚取ったら、巻き上げレバーを1回巻き上げます。

ライカのMマウントを使用できます。(写真はKonicaのM-HEXANON)

・液晶が不灯
・充電器を紛失

上記理由で放置していましたが、充電器はネットオークションで中古の格安のものを購入
液晶の不良はエプソンへ修理に出しました。

補修期間ギリギリ…滑り込みで修繕できました。
修理代も良心的で\5,000前後

慣れない「二重像合致式」にとまどいながらも2枚目の画像はR-D1で撮影しました♪
くっきりし過ぎない、良い意味でデジタルらしくない描写に味があります★

e0181828_2117412.jpg

e0181828_23315057.jpg

[PR]

by soyokaze-sakky | 2013-02-04 21:19 | D7000 | Comments(0)


<< Nikon F3とAcruストラップ      Nikon F3 >>